申請するときは第一に確かな初診日を調べることが大切

サイトメニュー

病気に関すること

男女

どんな制度になっているか知ろう

うつ病になると、なかなか簡単には完治しないことが多く、長期的にその症状に悩まされる人も少なくありません。その間は今までのように収入を得ることもできなくなってしまいがちですが、その間の生活を支える制度として障害年金があります。ただ、うつ病自体はたしかに障害年金の対象として認められるものですが、申請書類を出せば簡単に認定されるわけではありません。そもそも、障害年金は病気や怪我のために病院に行った時から1年半後2需給することができるものとなっています。基礎年金の方は、障害等級1級、もしくは2級に認定された人、厚生年金の方は1級から3級に認定された人が支給されるものです。ただ、これらのお金の需給を許可されるためには、設定されている条件を満たしていなければなりません。そこで重要となってくるのが診断書や病歴・就労状況申立書などで、これらを提出して現状を理解してもらう必要があります。また、診断書と病歴・就労状況申立書の内容に整合性がなければならず、両方の内容に矛盾がないかどうかの確認をします。また、仕事をしていても、それが理由で需給が認められないわけではありませんが、適切に認定されるためには提出書類で就労状況に関して正しく記載しておく必要があります。
障害年金は、障害によって仕事や生活に支障をきたしてしまった場合に受け取ることができる年金のことで、うつ病もその対象です。実際にはうつ病の場合はその症状の重さによって支給額が変わるので、誰でも同じ金額を受け取ることになるというわけではありません。国民年金だけに加入している人に支払われる障害基礎年金は定額となっており、障害厚生年金は収入によって変わります。実際にこの年金を受給される場合、1級と認定されるとだいたい基礎年金が8万円支給されるのが平均です。またその額に障害厚生年金の8万円がプラスされる事もあるので、だいたい8万円から16万円くらいの受給額となっています。2級の人の場合は、基礎年金の方が6万円から7万円、さらに厚生年金も受給できるならプラス6万円程度です。さらに3級となると厚生年金の方だけが6万円程度支給される仕組みとなっているのがその受給額の平均です。障害年金は受給申請が面倒などの理由からなかなか申請しない人もいますが、実際の数字を見てみると受給する方がメリットはあると言えます。

Copyright© 2019 申請するときは第一に確かな初診日を調べることが大切 All Rights Reserved.