申請するときは第一に確かな初診日を調べることが大切

サイトメニュー

社会復帰の壁を乗り越える

カウンセリング 障害年金は、働きながらでも受給が可能な制度です。うつ病の治療は、理ワークプログラムなど、リハビリ出社を続ける期間もいれると長引きやすいのが現状です。障害年金で、一部、生活費を賄いながら復帰を目指す方法もあります。

詳しく見る

職場や学業に復帰ができる

ハートと聴診器 障害年金を受給できる資格が自分にはない、こうした誤解をうつ病患者さんは持っています。しかし、誰もが利用できる制度で、主婦や高齢者さえも一定の評価を得られれば受給されますが、メリットともなりデメリットにもなる問題も視野に入れておきましょう。

詳しく見る

病気に関すること

男女 障害年金は障害によって日常生活や仕事などに支障をきたす場合に受給される年金のことで、うつ病はその対象です。受給額はその症状の重さによって、さらに仕事をしているかによっても変わりますが、だいたい6万円から16万円が平均です。

詳しく見る

長期闘病を支える社会制度

男性 うつ病は障害年金の受給の対象となる病気です。家族等の支援なしに生活ができない場合は1級、日常生活に支障をきたす程度の場合は2級、日常生活はできるが就労できない状況だと3級に該当します。申請には医師の診断書や申立書が必要になります。

詳しく見る

病から5年がポイント

悩む男性 最長で5年を遡って障害年金の受給ができるのならば、うつ病でツラい状態にある患者さんの救いになります。そのためには、受給するための申請書類を作成しなければならず、頼れる存在となるのが、社労士や医療機関などです。

詳しく見る

他の年金制度より複雑

男性

専門家へ頼むのも効果的

高齢化の他、インターネットの普及でうつ病などの精神障害で障害年金を受給できるということが広く知られるようになったためか、申請者は増加しているといわれています。しかし、複雑な制度ゆえにしっかりと準備し、書類に不備がないように心がけたいところです。特に申請で引っかかるのが、初診日の証明です。年金事務所に出向き、申請書などをもらうときはまず初診日を聞かれます。初診日がわからない場合は確認して再来するよう言われるため、必ず確認して行ってください。初診日が不明になりがちなのは、何度か転退職をして加入する年金制度が変わった人や、うつ病で転院を繰り返した人などです。転院経験のある人は、年金事務所から受診状況等証明書を渡され、初診日の証明を取ってくるよう指示されます。初診日に確信を持っていても、後に本当の初診日が発覚することは珍しくありません。そうなると手続きはスタート地点に戻り、請求受理後に発覚した場合は書類が戻ってきて再提出する羽目になります。障害年金の受給開始が遅れるので注意してください。
障害年金の審査結果に納得行かず、裁判所に不服を申し立てる人は、例年1500人くらいいるとされています。しかし、そもそも審査で重要なポイントとなる初診日を確認できなくて申請できない人が多いです。医療機関のカルテは保存が義務付けられていますが、期間は5年間です。5年より前にうつ病で医療機関を受診した人は、必要書類の一つである受診状況等証明書に記載してもらうのが難しいことがあります。また、診断書の内容が実際のうつ病の状態より軽度に書かれたために受給できない人も少数ではありません。中には、認定されたが等級が妥当でないという人もいます。年金は年金でも、老齢年金や遺族年金などの手続きとは大きく違うことを知っておいてください。手続きが複雑なので、5~6回年金事務所に通うのが一般的な流れとなっています。煩雑な法手続きを弁護士などに任せるように、障害年金の申請も依頼したほうが安心かもしれません。依頼できるのは弁護士と社労士です。費用は成功報酬として、年金額の2か月分としている事務所が多数派です。

Copyright© 2019 申請するときは第一に確かな初診日を調べることが大切 All Rights Reserved.